MENU

5.士業の営業について(紹介とホームページの関係性)

 

税理士のマーケティングにおいて、ホームページの検索からの顧客獲得だけでは非常に不安定ですので、集客の入り口をいくつか作っておく必要があります。


最優先すべきはやはり「紹介」だと思います。


税理士の顧客獲得は基本的に「紹介」中心になるので、そのルートを最優先すべきです。紹介はマーケティングにおいても最強のビジネスモデルなので、紹介からのお客さまは必ず確保する必要があります。質の良いお客さまと契約を結ぶためにも人脈の構築は最優先すべき部分です。


ホームページと紹介は一見無関係のように思われがちですが、実は大いに関係があります。


なぜなら、紹介を受けたお客さまは必ずあなたのホームページを確認します。あなたの「税理士としての人間性」や「税理士としてのビジネスモデル」を確認するのです。


ですので、あなたのホームページのコンテンツが薄っぺらい場合、あなた自身やビジネスモデル自体が薄っぺらい印象を与えかねないのです。


「いやそんなことはない。ホームページなんか関係ない。紹介だけでビジネスは回っている。」


もちろんそういったケースも多々あるとは思いますが、「信用信頼」といった税理士として最重要な要素を充足するためにも、見込み客にとって魅力的なホームページを制作する必要はあります。


そうするとおのずと紹介の成約率もあがってくるでしょう。



⇒次は「士業が独立開業した時にマーケティングをどうするか」というお話です



© 2018 士業ホームページを制作するなら「糸賀誠マーケティング事務所」 All rights reserved.