MENU

4.士業がホームページから質の良いお客さまを獲得するには

 

税理士が「質の良いお客さま」を獲得するために、ホームページにどのようなコンテンツを書いていけばよいか解説します。


例えばターゲット、業種業態を次のように絞るとします。


「1.千葉で開業予定 2.飲食店(個人事業主) 3.税務顧問を提案」


その場合、以下のようなコンテンツを構築していきましょう。あくまでも一例です。わかりやすく説明するため、極端な切り口にしています。


・「Q&A■思い切って会社辞めて寿司屋やりたいけど税金がわかりません。」

・「Q&A■今バーを経営して個人事業主ですがいつ法人にすればいいの?」
・「今日のコラム:一年目に税金について気を付けておくこと(レストラン編)」
・「【飲食店専門税理士のはなし】最初の確定申告ではこれを絶対にやろう!」
・「千葉で一番わかりやすいレストラン会計講座★勘定科目ってなに?★」


どうでしょうか?私がターゲットの属性なら、こんな情報を発信している税理士にお願いしたいと思います。なぜなら思いっきり刺さるからです。「あ、自分にとって必要な情報だ」と。もう単純に「この税理士さんになんとかお願いしたい。」と思うわけです。


このように「ターゲットのためだけに」有益な情報をホームページで発信していきましょう。ブログ、動画どちらでも構いません。


そういった観点でホームページを制作していくと、検索エンジンからニッチなキーワードでお客さまの問い合わせが入ります。いわゆるロングテールSEOの効果です。


結果として「質の良いお客さま」を獲得することができます。


あなたがホームページ制作でやるべきことは


・Google推奨のシステム(レスポンシブウェブデザイン)を使う。

・マーケティングの戦略を練る。
・地域・ターゲット・業種業態を絞る。
・マーケティングに必要と思われる情報をホームページに盛り込む。
・ターゲットに向けて有益な情報をブログ、動画で発信する。
・あなたの理念やこだわりを表明する。


そうすると、自然と「あなた」に共鳴した良質なお客さまが集まるわけです。


「別にあなたじゃなくても構わないんですよね。ちょっとまけてくれませんか?」などと価格で決めるようなお客さまでなく、「信頼できる税理士を探しています。なんとかあなたにお願いしたいのですが?」という良質なお客さま、経営者が入ってくるわけです。


そういったお客さまを獲得できると非常に気持ちのいいビジネスを展開してくことができるわけです。


質の良いお客さまなので当然付き合いも長くなり、紹介も発生し、それに伴いライフタイムバリュー(生涯顧客価値)も比例して大きくなっていきます。



⇒次は「士業の営業について(紹介とホームページの関係性)」というお話です



© 2018 士業ホームページを制作するなら「糸賀誠マーケティング事務所」 All rights reserved.