MENU

3.士業ホームページはレスポンシブウェブデザインで制作しましょう

 

「レスポンシブウェブデザイン」とはスマートフォン、パソコン、iPad、タブレット全てに最適化されるシステムのことです。


同一URLですべてのデバイスに対応できます。簡単に言うと、一つホームページを制作してしまえば、どんな大きさの画面であっても自動的にシステムが変形して適切な表示をしてくれるということです。


税理士の場合、法人のお客さまが多いのでパソコンからの閲覧がアクセスの半分を占めます。一方、店舗経営者や個人のお客さまはスマホ、iPad、タブレットからの閲覧が多くなってきます。


ですので、すべてのお客さまのニーズを満たすには4つのホームページを制作する必要があります。ただ、個別に制作していたのでは、コストも高く効率も悪くなってしまいます。ですのでレスポンシブウェブデザインで構築するのがベストです。


レスポンシブウェブデザインはGoogleが推奨しているシステムです。


Googleは「お客さまに有益な情報を提供しているホームページ」を評価します。


そういったホームページは検索順位が上がりますので、アクセスがあがり、集客もできる、ということです。いわゆるSEO効果というものが期待できるのです。


ですので、レスポンシブウェブデザインで作られたホームページに、有益な情報をどんどん追加していきましょう。


・ホームページに内設されたブログに有益な記事を更新する。
・信用信頼のコンテンツを充実させるためにyoutube動画も利用する。


その結果Googleがあなたのホームページを評価してくれる、というわけです。


というわけなので、税理士事務所はレスポンシブウェブデザインでホームページを構築することをお勧めします。


ただし、できれば無料のシステムで税理士のホームページを制作するのは避けたほうがいいでしょう。無料でシステムを構築してしまうとそのシステムの都合に左右されてしまうことがあるのです。そもそも無料のシステムはマーケティングに不向きなので集客しづらい、というのもあります。良い悪いの問題ではなく、役割が違うのです。


5年10年に渡って大事な資産を構築していく土台になりますので、最低限の投資はしていくのがベターなのです。



⇒次は「士業がホームページから質の良いお客さまを集客するには」というお話です



© 2018 士業ホームページを制作するなら「糸賀誠マーケティング事務所」 All rights reserved.