MENU

ホーム > 【集客+資産】HP

士業向け【集客+資産】型ホームページとは?

文字通り「集客」ができて「資産」になるホームページです。


私は士業ホームページの理想形だと思います。

 

なぜなら、士業のような「自分が商品」のビジネス、信用信頼が重要視されるビジネスとの親和性が非常に高いからです。

 

もしあなたが営業が苦手な士業の先生なら是非参考にして制作してみてください。


6ステップで簡単にご説明します。

1.最適なシステムを使う

あなたはこのホームページを何で見ていますか?

パソコンですか?スマホですか?iPadですか?

士業のお客さまはいろいろなデバイスでホームページにアクセスします。

法人、個人、店舗経営者、上場企業、ありとあらゆる属性の顧客が閲覧します。

 

ですのでホームページを制作するのであれば、パソコン用、スマホ用、iPad用をそれぞれ作らなければなりません。

画面の大きさも性能も全く違うからです。

ただ、全部制作していたのでは費用が大変なことになってしまいます。

 

それを避けるために、最適なシステムを使いましょう。

ひとつホームページを作れば、すべてのデバイスに勝手に最適化してくれる。

そんなシステムがあります。


レスポンシブウェブデザインです。


Googleが推奨しているシステムなので、SEO効果も高くインターネット検索で上位に表示されやすくなります。

 

また、デバイス毎に最適化されるので成約率も高くなります。

例えばスマホの場合、電話がかけられるようになります。


これからホームページを制作する士業の先生、絶対に導入するようにしましょう。

なぜならGoogleが「今後はレスポンシブウェブデザインを優先して上位表示させる」と明言しているからです。


スタートを間違えないでください。


資格や受験勉強でもそうですが、何を使うか?これが非常に重要です。

どんなに頑張っても合格率の低い塾に通っていては合格できません。

ましてや独学ではほぼ合格はできません。

それと同じです。


一番最適なシステムを選ばないと勝負にならないのです。

ここをしくじる士業の先生があまりにも多いので、あえて、強調させていただきました。

2.「集客」できるホームページを制作する

士業にとってホームページはあなたが考えている以上に重要です。


超重要です。


よく聞いてください。


なぜ重要なのか?


なぜなら、あなたの見込み客はホームページで最終決断をするからです。


「自分の悩みを解決してくれるのはこの事務所だ」と。


その決断をホームページを見て、悩んで、決定するのです。

 

「よし、ここにしよう」

そう思っていただけるかどうか。

 

これが士業のビジネスの生命線だと思います。

 

 


対面営業的役割をホームページが担っているのです。


つまり、ホームページをお客さまが見ている、というシチュエーションは、


「サービスを受けたい。是非おカネを払いたい。でもどの事務所が最適なのかわからない」というお客さまが目の前にいて、対面営業で説得している、そういう、超重要な局面なのです。


経営的に凄まじくインパクトが大きいファクターなのです。


にもかかわらず、多くの士業の先生が「なんとなく」ホームページを作っている。

正直、意味がわかりません。


なぜもっと真剣にならないのか?


お客さまは見ています。

あなたのビジネスに対する姿勢を。

情熱を。


それはホームページを見ればわかるのです。


なのでホームページは真剣に作りましょう。


自分で頭に汗をかいて、「どうすれば目の前にいるお客さまに役立つことができるのか?」それを表現していきましょう。


そうすることによって「集客」できるホームページが誕生するのです。

3.お客さまにとって有益な情報を日々発信していく

上記2.で「集客」できるホームページを制作したら、さらに付加価値を付けるために、「お客さまにとって有益な情報」を発信していきましょう。

 

「有益な情報を発信」というと難しく思えるかもしれませんが、あまり心配しないでください。

 

あなたのお客さまが困っていること、悩んでいることを解決してあげる方法や、アドバイス、考え方をあなたなりの言葉でお客さまに届けてあげればよいのです。

 

書くことが好きならブログを、話すことが得意ならyoutubeなどの動画を日々更新していきましょう。

コミュニケーションをとるのが好きならFacebookなどのSNSなどを積極的に活用していきましょう。

 

誰もがはじめは戸惑います。私もそうでした。

ひとつのブログを書くのに半日費やしていた時期もあります。

30分のyoutube動画を何時間もかけて撮影しました。

ただ、この経験の蓄積が非常に大きな財産になっていくのです。


1週間に1記事でよいのでコツコツと情報発信していきましょう。

 

その一つ一つのコンテンツが、営業ベタである士業のあなたに代わってお客さまに信用信頼を与えてくれる資産になるのです。

4.ホームページにアクセスを集める

制作したホームページにお客さまを集めましょう。

 

インターネットからの検索、SNSだけでなく、インターネット以外からも見込み客を集めましょう。

 

紹介、異業種交流会、名刺交換、ダイレクトメール、FAXDM、置きチラシなどの紙媒体からアクセスを集めるとより効果的です。

 

士業のマーケティングはオンラインとオフラインを組み合わせることが大事になってきます。インターネットだけで完結するのは難しいのです。

 

ほとんどの士業の先生はマーケティングをで考えています。

いや、そうではなく、で考えるべきなのです

全体的な視点を持ちましょう。

5.あなたに共鳴するお客さまのお問い合わせが入る

あなたが制作したホームページ、ブログ、youtubeなどのコンテンツに触れた見込み客が、「あなたという人間」に共感して問い合わせをしてくれます。

そうです。サービスではなく、人間に共感してくれるのです。

 

士業の場合、優れたサービス性をアピールするよりも、「あなた」を知ってもらうことのほうが1万倍大事です。

サービスの中身はなかなか差別化するのが難しいのです。

しかし、人間は千差万別です。

「あなた」を知ってもらうのです。

そのために情報発信をしていくのです。

 

あなたにぜひお願いしたいのですが

 

こういった質の良いお客さまを獲得していくことができます。

6.お金では絶対に買えないあなたが作りあげた資産に成長する

上記1~5の各ステップをコツコツと積み上げていくことによって、あなたのホームページはあなたの潜在顧客にとって「ベターな情報源」になっているでしょう。

 

この時点ではメディアと言っていいと思います。

オウンドメディア(自社メディア)という捉え方もできると思います。

 

例えばあなたが新宿で税理士を開業しているとしたら、新宿で税理士を探している潜在顧客があなたにアプローチしてくる確率は高くなっています。

 

もちろんこの状態になるまでは時間もかかりますし、あなた自身が頭に汗をかいて、手を動かして、手間暇をかけなくてはなりません。

 

だからこそ絶対的な価値があるわけです。

 

「お金では買えない資産」ということです。

まとめ

いかがだったでしょうか?


士業のマーケティングに関してごくごく当たり前のことをお話させていただきました。


1.Google推奨のシステムを使う。

2.「集客」できるホームページを制作する。

3.ブログ、youtubeで情報発信をする。

4.オンライン、オフラインからアクセスを集める。

5.良質なお客さまの問い合わせが入る。

6.インターネット上の資産となる。


でも、この当たり前の戦略をあなたを含め士業の先生がどれだけやっているでしょうか?

ほとんどやっていません。

ほとんどの先生が旧態依然とした考え方にとらわれています。


だからこそ、営業が苦手なあなたにとってチャンスなのです。


コツコツと努力して仕組みを作れば、営業能力が半端ない先生と互角に戦える、ということです。


57c15582c847914320ea202e85b00892_s.jpg


武器を持てるということです。


営業を不要にする」などとは言いません。最終的には対面営業は絶対に必要だからです。


ただし、間違いなく「気持ちよく営業ができる」と断言できます。


なぜなら私がそうだからです。


あなたはやりますか?やりませんか?


はじめまして

東京都江戸川区生まれ。千葉県浦安市在住。

青山学院大学文学部英米文学科卒業後、IT企業に入社。
独立後ゲームメーカー、公共機関等の基幹系システムのエンジニアとして活動。

現在、税理士、会計士、行政書士、弁護士等の士業向けホームページ制作、健康食品会社、ネイルサロン、飲食店等のホームページ制作、マーケティングの支援を行う。


一般社団法人日本スマートフォンマーケティング協会認定コンサルタント
一般社団法人日本WEBコンサルタント協会認定コンサルタント


© 2018 士業ホームページを制作するなら「糸賀誠マーケティング事務所」 All rights reserved.