MENU

ホーム

1.行政書士の廃業率が高い理由

行政書士はその他の士業に比べると、廃業率が高いですよね。開業3年以内に9割以上が廃業、なんてデータもあります。開店休業状態の先生も多いと思います。


「聖域なき国家資格」とかその理由はいろいろあると思いますが、ひとつはビジネスモデルの問題だと思います。そもそもビジネスモデルが不安定なのです。


例えば税理士は「顧問契約」前提ですから非常に安定した経営を行うことができます。継続的に課金されるわけですから。


いっぽう行政書士は「会社設立」など単発で終わって、常に新規顧客を獲得していかなければならない業務が多いですよね。そういった「継続課金」のないビジネスモデルは肉体的精神的に疲弊していくので、事業を継続していくのが困難になります。


ですので、行政書士も継続課金のビジネスモデルを構築するようにしましょう。



© 2018 士業ホームページを制作するなら「糸賀誠マーケティング事務所」 All rights reserved.